車検証は、常時車内に携帯しておくことが義務づけられています。万が一、紛失した場合はすぐに運輸支局で再発行の手続きをしましょう。

毎年5月末までに納める自動車納税証明書は、車検を受ける際に必要な書類です。そのため、売却時には買取り店に渡さなくてはなりません。万が一、紛失した場合は各都道府県の税事務所にて、軽自動車の場合は市区役所にて、再発行してもらいましょう。

購入時と同様、売却時も委任状や譲渡証明書に捺印印鑑は実印になります。実印は、市区町村への登録が必要です。

印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明する書類のことです。3ヶ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。

車検ごとに次回車検時までの加入手続きを行う、いわゆる強制保険の加入証明書のことです。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりするとクルマを売却することができません。万が一、紛失した場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。

車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。引越ししたら、きちんと車検証も住所変更しておくことをオススメします。

自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。万が一、紛失した場合は、リサイクルシステムホームページにて「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替えとして使えます。

売却するクルマの名義変更手続きを買い取り店に任せるときに必要な書類です。書類には実印を押します。なお、委任状の用紙はお店で用意してもらえます。

クルマを譲渡することを証明する書類です。委任状と同様に、実印を押します。なお、譲渡証明書はお店で用意してもらえます。